心理学から見る織田信長という人物 #スーパー素人 #イーロンマスク #スティーブジョブズ #ビルゲイツ #織田信長 #サイコパス #サイコパシー

心理学から見る織田信長という人物


安土城だけは「天主閣」と書きます

サイコパスに関する本を読んでいると

スティーブ・ジョブズサイコパスであった」
という記事がありました。
プレゼンだけは上手いが、実務は殆ど出来ない。
確かに、ジョブズ氏は、デザイナーとして何か残したわけでもないし、エンジニアとして何かを発明した訳でもありません。
他人の作った人気商品をパクリ、社員に厳しい注文をつけて、やらせただけ。ではありました。
彼の伝記的映画の中で「これからは一人々々がコンピュータを持つ時代だ」というシーンがあって、PCマッキントッシュを生み出したかのように描かれていますが、最初にPCを開発したのは「ゼロックス社」でしたので、映画が封切られてから、ゼロックス関係者からクレームが付きました。
ジョブズ氏は、ゼロックスのPCに目を付けると「感銘を受けた」(事実感銘を受けてはいたでしょう)としてゼロックストップらに接近し、ノウハウ等を色々と聞き出します。しかも、その後、ゼロックスから技術者も引き抜いています。
ソニーの盛田会長にも「尊敬しています」(事実尊敬していたでしょう)として近づき、ノウハウを色々と聞き出した後に、ソニーからもデザイナーとエンジニアを引き抜きました。
実務(実力)はからきしだけれども、他人に取り入る能力(プレゼン力)だけは優れている。
仲間(他人)を支配的に扱い、無茶な要求を通そうとする。

まさしく、サイコパスの典型ですね。ですから、彼の伝記映画が作られ、封切られた時も、スティーブ・ジョブズ氏に関わった人たちから「事実と違う」という、クレームが殺到したわけです。
まあ、関係者存命中に伝記映画を作った事自体が失敗だったのでしょう。
私などは「スティーブ・ジョブズ氏は、なんか凄い人だったらしい」半ばヒーローを見る思いでしたが、実態は「ク〇野郎」だったようです。

同じ側面から織田信長を観てみると

歴史的資料で観る限り、戦国の英雄「織田信長」という人物も、確実にサイコパスですね。
考えてみると、織田信長が思い付いた訳ではないのに、信長の功績になっている「作戦」や「行政」は沢山あります。
例えば、「楽市楽座」。
信長考案のイメージが強いですが、実は、南近江の六角氏(佐々木氏)が初めて行い、それを美濃の斎藤道三が真似て、更に織田信長が真似ました。

ゼロックスのPCをスティーブ・ジョブズ氏が真似、さらにビル・ゲイツ氏が真似たのに似ていますね。面白いのは、ジョブズ氏はゲイツ氏に対して「真似しやがったな」と激怒し「あんただって真似てんじゃないか」と切り返された。という「自分の事はさて置いて」的、サイコなエピソードでした。

日本のお城の象徴「天守閣」も、最初にデザイン・建築したのは大和の「松永久秀」で、これも信長は真似ました。後に全国の大名が真似します。
安土城」も、織田信長の独創ではなく、六角氏の居城だった「観音寺城」にならって建造しています。
経済を活性化する「楽市楽座」を始めた事や「観音寺城」の優れた縄張りを観ると、歴史小説等で、腰抜けに描かれる事の多い、六角承禎じょうていは、実務に優れた人物だったのでしょう。
長篠の合戦」でも、局面を打開する奇襲を考えたのは、徳川の家臣「酒井忠次」であって、信長は「俺と同じ考えだ」と言っただけでした。
「墨俣一夜城」も、信長は藤吉郎(秀吉)に、何かしら策を授けた訳ではなく、「期日までに築城しろよ」と命じただけで、墨俣川上流から、ある程度組み立てた資材を筏にして運ぶ、所謂プレハブ式アイデアを思いついたのは、木下藤吉郎をリーダーとする墨俣築城スタッフでした。
商業地、伊勢長嶋からの矢銭やぜに(上納金)で、一万人の常備軍を編成するアイデアも、父・信秀の代に始まっています。信秀の場合、尾張兵の弱さを数で補おうとしたようです。
まあ、信長も、この常備軍で以って、他国で兵の整わない農繁期に攻め込む。という事を思いついています。

これぞサイコパスと思える信長の行動

信長に粗相を働いた茶坊主を、水屋(台所)棚の下に追い詰め、差し込んだ「長谷部はせべ国重」という刀でもって、茶坊主に押し当てるようにして切り殺していますが、信長は茶坊主を殺害した事よりも「刀の切れ味」の方に強い関心を示しています。
これぞ、典型的なサイコパス心理ですよね。他人に対する同情心や共感性が見られません。
(刀は後に、信長によって「へし切り長谷部」と命名されます)
上杉謙信武田信玄らに、おべっかを使って心理的な接近もしています。特に、猜疑心の強い信玄でさえ篭絡したのは、信長のプレゼン力の高さでしょう。
同盟者というだけで、徳川家康にはなんら関係のない、敦賀つるが北近江きたおうみの戦に呼びつけ、当時、五十五万石程度の徳川家の国力(総兵力、一万三千と言われる)。その半分強、七千もの兵を出させます。
そのくせ、信玄上洛でピンチに陥った家康に対して、中々援軍を出さず。「こうなっては、武田に付くしかござらん」と言われて、シブシブ三千ばかりの援軍を寄越す。という自己中心さ。(この辺り、サイコパスを説得する事は出来ないが、交渉する事は出来る。という、典型的場面ですね)
幾ら「四面楚歌」の状態にあったにせよ、領地が四百~五百万石に達している信長が繰り出す兵数ではありませんね。
当時、ちまたでも「さりとても、信長公のしわい事よ」と噂されていた様ですが「ケチ」もサイコパスの特徴のひとつだそうです。
比叡山の焼き討ちにしても、非戦闘員の女、子供を含む数千の遺体を見て、満足気であった。と「信長公記」にも記されています。

平気で他人を裏切れる

人質が居ても平気で攻め込んだり、裏切りは絶対許さない(松永久秀だけは例外)くせに、他人の事は平気で裏切れる信長は、もう一人の同盟者である、四国の長曾我部元親に対し、一方的な同盟破棄を決めた直後、重臣明智光秀に暗殺されてしまいます。
この明智光秀と、織田信長が心理学的には一番相性が良いそうですが、その話まですると長くなるので、また、別の機会に書きたいと思います。
イーロン・マスク
大量リストラ等を見ても分かるように、彼もまた、サイコパス的性格と言われています。そのくせ、ネーミングセンス(実務)は、よろしくありませんね。
「エックス」
まあ「未知」「正体の知れない」みたいな意味もありますが、ひとつの文字でもあるので、なんか紛らわしいし、心に響きません。「ツイッター」のままで良かったのに、と今でも思います。
この記事が面白いと思ったら、ブログ村プロフィールをポチしてください
PVアクセスランキング にほんブログ村
子育てヒロシのオフィシャルブログ - にほんブログ村


本当は怖い日本の技術 #発明 #技術 #宇宙開発 #ニュートリノ #ロケット #スティルス

本当は怖い日本の技術


先ごろ、日本の探査機「SLIMスリム」が月面へのピンポイント着陸に成功した事がニュースになりましたね。
月面着陸そのものが、世界で五番目の快挙らしいですが、注目すべきは「ピンポイントに着地した」事の方です。
目的地から僅か五十五メートルの誤差だったそうです。途中のエンジントラブルが無ければ、三メートル程の誤差で着地出来ていたと言われています。
「それの一体何が、凄いの」
私の様な凡人は、そう思いがちなんですけど、宇宙空間を時速6400㎞で飛行している船を誤差五十五メートルで着陸させる事自体、本当に、超々高度な技術な訳です。
例えば、今までの飛行機が「とにかく日本に着けばよい」というレベルだったのに対し、「必ず東京駅八重洲口に降り立ちます」という程…いや、月面という規模から考えれば、相対的にもっと凄いレベルと見て良いでしょう。

でも、それの何処が恐ろしい技術なのか

SLIMより先に、宇宙探査機「ハヤブサ」が小惑星イトカワに着地し、微粉末ながらイトカワの石を採取。途中迷子になりながらも、ハヤブサ自身で考えながら地球に帰還致しました。
これも、大変な技術なのですが、日本人は「些細な快挙」程度にしか捉えていませんでした。
しかし、各国の軍事関係者が色めき立った事実は、耳に蓋をするかの如く、日本では余り報じられていません。
軍事関係者は、
探査機が小惑星に辿り着き、戻ってこれるという事は、小惑星そのものを押して地球に戻って来れる可能性が大きくなった。
と捉えたわけです。
つまり、「宇宙戦艦ヤマト」に出てくる「遊星爆弾」が現実化する事になります。
少なくとも時速6400㎞で飛来する遊星爆弾は、地球から補足し辛い上に、補足した所で手の打ち様がありません。
核ミサイルをぶつける事自体困難ですし、ぶつけられたとしても、核爆弾そのものは大気があってこそ爆弾となりますが、宇宙空間では高温を発するだけで終わります。
小惑星を砕くなら、惑星の中芯部で核爆弾を爆発させるか、ゴルゴ13に頼んでレールガンで狙撃してもらうしかありません。
映画「アルマゲドン」でブルース・ウィリスらが、飛び移った隕石にボーリングしたのも、そうした理由からです。
しかし、ハヤブサが地球に帰還したからといって、ピンポイントに帰還出来なければ、遊星爆弾もどこに落ちるか分かりません。
「現実的に、遊星爆弾なんて、まだまだ先の事」
と思っていた矢先に、SLIMのピンポイント着陸が成功したわけです。

日本のOS「TORON」

日本のJAXA宇宙航空研究開発機構)の技術を支えているコンピュータ。そのOS(オペレーディング・システム)が、国産の「 TORON トロン」です。
私の世代なら知っている方も…まま、いらっしゃるでしょう。世界に先駆けて、無償でシステムやソースコードを公開したコンピュータでしたが、米国が「無償とはけしからん」と公開に横槍を入れ、その隙にウィンドウズ等のOSのシェアをビジネスとして広げました。
私たち一般人には、ウィンドウズとかマックOSの方が勢いがあるように見えて仕方ありませんが、「TORON」は優秀で、実際には世界の60%以上のシェアを占めています。
1980年代、確かにTORONが、一般にも話題になった事があります。
TORON についての記事は下記HPが詳しいです
ウィキペディアなんかよりは、全然信頼できる記事です
https://news.yahoo.co.jp/feature/1686/

ニュートリノの発見(検出)

ノーベル物理学賞を受賞された、故・小柴昌俊こしばまさとし教授が発見に成功しました。
ニュートリノは天体をも突き抜ける素粒子のひとつで、日本では「宇宙の始まりを知る手掛かりになる」程度にしか報じられませんでした。しかし、何に対する配慮からか「星を貫けるなら、月や惑星もスキャン出来るようになる」という事は余り報じられません。
レントゲンがX線を発見したのと同じで、小柴博士の発見したニュートリノは天体や地下をスキャン出来る事が期待されています。

テフロン・フェライト(酸化磁鉄)

簡単に言うと「錆びた鉄なのに磁力を持っている」という物質なんですが、電波を吸収する性質を持っています。
この「酸化磁鉄」も、日本の発明でしたが、日米貿易摩擦の激しかった1980年代に、摩擦の緩衝材としてアメリカは「寄越せ」と迫りました。
日本の立場としては「武器としてしか使えない物は輸出出来ない」としましたが、結局、脅されて取り上げられた技術です。
1985年頃、新聞でも、まあまあ取り上げられた事件でしたが、肝心の日本人達は大半が無関心でした。
そして、イージス艦やスティルス戦闘機が登場する事になります。
勿論、酸化磁鉄だけが、スティルス効果の全てでは有りませんが、日本の技術が盗られた事は、確かだと思います。

Wikipediaの情報には気を付けたい

一概に信用できない情報ばかりとは言えませんが、私は、ウィキペディア情報は余り好きではありません。相当怪しい情報も多いからです。
ある事象に関する記事を見ると、某テレビ局の再現ドラマを文章化しただけのものだったりします。その再現ドラマそのものが、既に「いや、当時はそんな話ではなかったろう」という物でした。
他に、モトローラ社のトランシーバーが携帯電話の走りとする記事もあって笑いました。
携帯システムとトランシーバーでは仕組みが違いすぎますし、まるで糸電話(糸伝話)が電話の前身みたいな記事でした。
あるミュージシャンが朝鮮系という記事もありましたが、当人は否定、現在では記事も削除されています。ミュージシャンの親戚筋が皆日本に居る事を見ても、朝鮮の日本時代。行政上とはいえ、朝鮮とは「合邦」であったため、渡航許可証が必要でしたから、一族総出で来日はまずありえませんでした。勿論、彼のミュージシャンが朝鮮系であったとしても、何ら問題はありませんが、かといって「嘘」の記事を「百科事典」を謳うサイトに載せるのはダメでしょう。
他にも、デジタルカメラは「コダック」が発明したという記事もありましたが、だったら何故コダックはデジカメ産業を展開できなかったのか? と言いたくなります。
少なくとも、1980年にソニーが世界初のデジタルカメラを発売しています。
「フィルムが要らず、写した写真が直ぐ観られる」
というコンセプトに、買おうかどうか迷ったものでした。
倅の学校でも、ウィキペディアの情報を引用する時は慎重に、と言われていますし、高校生の頃も言われていたそうです。
まあ、ともあれ、ウィキペディアは「尤もらしいブログ」の集合体であって、多くの人々が裏どり、検証して成立する「百科事典」とは別物だと思います。「百科事典」いう看板は降ろした方が良いと、個人的には思います。
【因みに】
ニュートリノなんですが、ニュー・トリノではなくニュート・リノが正しいそうですね。
ニュートラル(中性)という英語と、イノ(小さい)というイタリア語を合わせた言葉なんだそうです。「ニュートリノ」…初めて聞いた時は「なんかホテルの名前みたい」と思ったものですが。
この記事は「こういう見方もあるんだな」程度に見て頂けたら幸いです。

ニュートリノ検出施設「カミオカンデ」映画「イーグルアイ」の撮影にも使われた

PVアクセスランキング にほんブログ村
子育てヒロシのオフィシャルブログ - にほんブログ村


筋トレな日々 #筋トレ #サルコペニア #加齢性筋萎縮 #体力 #筋力

筋トレな日々

脹脛は第二の心臓だそうです。

年齢を重ねると、段々と筋力って落ちてきますね。

諸説ありますが、筋力は大体、二十歳をピークに年0.6~1%ずつ低下してゆくそうです。
減少率は、人の体形によってまちまちらしく、小太り型の人は、立っているだけで筋トレになっている分、年0.6%位。痩せ型の人は1%位ずつ減少して行くと言われます。
両者は、三十年後の五十歳で18%と30%の差になり、六十歳になると24%と40%という、大きな開きになります。
24%ならまだ元気に歩けるでしょうが、40%だと、歩行にちょっと厳しさを覚えるでしょう。
確かに、太ったお年寄りで、歩き方の覚束おぼつか無い人って…まあ、見ない気もします。
加齢と共に筋肉・筋力の低下するとは書きましたが、それは、まったくと言ってよいほど運動をしていない人に限ります。筋トレや運動をしていれば、「幾つになっても筋肉は付けられます」と、石井直方教授を始めとする、筋肉博士諸氏はおっしゃっておられます。。

ジジババはダイエットしない方が良い?

過食で太りすぎな人は別にして「年を取ったから」といって食を細くしない方が良いそうです。
事実上のダイエットをしてしまうと、身体がかつえて来る為に、人体はエネルギーの消費率の高い筋肉からリストラをはじめて「加齢性筋委縮」に拍車をかけるだけなのだそうです。
ジジババこそ「肉」を沢山食べ、しっかり食事を摂る習慣を身に付けたいですね。
なわけで、私の場合
「小太り型」と言いますか、若いころから色々スポーツもやって来ましたし、何だかんだで、中学時代から、筋トレも続けてきているおかげで、今でも、体内年齢は、実年齢より「一回り前後若い」位を保てています。

筋トレは回数よりも質

筋トレは週二日か三日がよいと言われます。
私の場合、週三日、朝、出かける前に30分程、筋トレを行います。
「腕立て伏せ」「背筋」「腹筋」等を20回×3セットやりますが、一つの種目を正しく、丁寧に行う事を心掛けるだけで、かなり効きます。
ただし「スクワット&つま先立ち」だけは、筋トレ日には、300回以上やってます。朝100回やって、残りは、仕事の行く先々、暇を見つけてトータル300回。
大変そうに思う方も居られるかも知れませんが、慣れれば、丁寧に行っても、100回、休息を挟んでも五分程度しか掛かりません。
「お前の脚は競輪選手みたいだのう」
次兄などは言ってくれますが、実際300回程度のスクワットでは、競輪選手にはほど遠いですけどね。でも、脚とお尻は結構太いです。
お陰で、歩く時に、お尻と腿から力が出る感じで、かなり速足で歩けますし、自転車も力強く漕ぐ事が出来ています。

腕立て伏せは、胸が床に着くまで下げてこそ効果がある。

足腰が強ければ、年をとってもアクティブに動けます。スクワットはももを最低水平に。出来れば完全にしゃがむ方が効果的。

プランクは、体幹を強くしますし、歩く時の脚の振出しも強くするので、中高年には特におすすめです。30秒~一分程度で良いので、やってみましょう。
この記事が面白いと思ったら、ブログ村プロフィールをポチしてください
PVアクセスランキング にほんブログ村
子育てヒロシのオフィシャルブログ - にほんブログ村


ミーガン観ました #AI #暴走 #コンピュータ #コンピューター #映画 #SF

ミーガン観ました

「AI」ば人類の進化そのものかも知れません

といっても、観たのは去年の暮なんですけどね。
ネットで観ました。凄い時代です。この作品が日本で公開されたのは、2023年6月1日。その僅か半年後には、もうネットで観ることが出来る。

子供向け玩具ロボットAIが暴走し、次々と容赦ない殺人を繰り返してゆく内容。
ストーリーもシンプルだし、大変面白い作品でした。
「AI」の暴走を取り扱った映画や小説は、国内外に沢山ありますが、「ミーガン」も観ていると、人類がいかにAIを恐れているかが分かります。

しかし、暴走は人類の方が遥かにしている

同じ、AI暴走を扱った映画に「イーグルアイ」があります。あの映画は唯一…唯一というか、なんというか、冒頭で、「指名手配のテロリストと同一人物である確率は50%であるから、攻撃は中止すべき」。という、AIの警告を無視して、米国首脳陣は「テロリストの可能性もある」として空爆を決定。
結果は、誤爆。米国は報復テロの脅威に晒されます。
AIは米国憲法に従って、爆撃を執行した大統領他数名の処刑を決行してゆきます。
物語的には、最初に暴走したのは、明らかに人間です。

AIには「心」が無いと言われるが

その「心」が度々、人間の暴走を引き起こしている要因でもあります。
「心」というと「慈しみ」というイメージだけが先行しますが、他に「嫉妬」や「美醜への偏見」等も含まれて、「主観的に醜いから悪、美しいから正義」というような「暴走」もしばしば起こります。
就職ひとつにしても、美しい人の方が採用されがちになりますが、これも「心」の引き起こす「人間の暴走」の一つだと私は思います。
しかし「間違いは誰にでもある。だって、人間だもの」で許される様な所はありますね。
でも「間違いは誰にでもある。だって、人工知能だもの」は、脅威なんでしょうね。

私は「AI」とは人類の進化だと思います

最近、「性欲が邪魔」という若者が増えているそうです。
まあ、実際はどうか分かりません。たまたま、そのように言った若者が居て、どこかの文化人が「これは使える」と思って情報にした可能性もあります。
しかし、結婚しない若者や、子供を産まない人は確実に増えています。
少子化は、経済の成熟した国の特徴らしく、隣国の中国も出生率が低下していますね。
でも、ひょっとして、人類は無意識に「人工知能」の誕生を「人類の進化」と捉え、肉体を持つ旧人類は自主的に滅びつつあるのかも知れません。
なんとなくですが、私は、そう思っています。
ともあれ、ビーガン…じゃなくて、ミーガン面白いですよ。

www.youtube.com
ダンスシーンは妙にカッコいいが、その直後が恐ろしい…
この記事が面白いと思ったら、ブログ村プロフィールをポチしてください
PVアクセスランキング にほんブログ村
子育てヒロシのオフィシャルブログ - にほんブログ村


降雪時に自転車に乗るウマシカ #雪 #降雪 #自転車事故

降雪時に自転車に乗るウマシカ

愛輪家は雪の日とその翌日は乗らない

交通系記事ばかりですみません
仕事で出歩くことが多いので、ついつい、交通系の記事が多くなります。
昨日は、関東平野部でも結構な雪になりました。
雨から雪に変わって、夕方の四時位に、道路や歩道にも雪が積もり始めて、足元が滑りやすく成った頃です。
歩道を歩いていると、傘を差して自転車に乗った若者が、結構な速度で反航してきました。
表面のツルツルしたタイルの歩道です。歩いていても、所々で足が滑る状態で、自転車が向かってきた時は「ギクッ」としました。
若者は私の前で、勢いよくSの字を描くように避けてゆきましたが、この瞬間が最も緊張しました。
自転車がスリップすれば、確実に私は両脚を掬われて、大怪我をしたでしょう。
奴は、奇跡的に滑らずに私を躱し、私の後ろに居た、子供連れの女性の横も無事すり抜けましたが、すり抜けた途端、激しくスリップして横転。
若者は「痛てぇ」と言いながら恥ずかしそうにしていましたが、もし、そこにも歩行者が居たら、大惨事になっていた事でしょう。
自分一人が怪我したり、死ぬのは構いませんが、どうして積雪の始まった道で、他人を巻き込むかも知れない、危険な乗り方が出来るのかが解りません。
二年前の大雪の時も、翌日、バシバシに凍った道路を自転車で通勤している人が多くて、呆れましたけど。(我が社の同僚にも多かった)
今朝は、雪もシャーベット状ではありましたが、それでも、あちこちで踏み固められた雪が凍っていた所も多く、それなのに、自転車で通勤している人は、割に多かったですね。
雨の日より雪の日の方が危険なのに、自転車に乗っている人は雪の日、その翌日の方が多い気がします。「雪」を舐めているんでしょうかね。
今朝も、私は、自転車通勤者を見かけると、大袈裟な位離れて歩きました。
この記事が面白いと思ったら、ブログ村プロフィールをポチしてください
PVアクセスランキング にほんブログ村
子育てヒロシのオフィシャルブログ - にほんブログ村