中高年ご注意「スクワット」 #スクワット #足腰 #筋トレ #О脚

中高年ご注意「スクワット」

f:id:kosodatehiroshi:20211025070557p:plain
スクワットも気を付けないと、膝を痛める
五年ほど前「隠れО脚」と言われました

五年ほど前、膝を痛めてしまって、整形外科に掛かったのですが、その時、
「いわゆる、隠れО脚ですね」
と言われました。

О脚

御存知の方が多いのは分かっていますが、たまに、勘違いされている方もいるので、おさらいです。
「О脚」とは「気を付け」の姿勢で、左右のくるぶしは着くのに、膝の内側が離れている脚の事を言いますね。少し離れている分には、さほど問題ではないかも知れませんが、見るからに開いている方は、加齢と共に、膝の内側が痛くなって来る可能性が高くなります。
逆に、膝の内側は着くのに、くるぶしは離れる状態を「X脚」といいますね。
勘違いО脚=「気を付け」で膝の内側と、くるぶしも着くのに、ふくらはぎの部分が離れている。
これをО脚と思っている方が稀に居ます。

「隠れО脚」とは

私は、子供のころから「X脚気味」と言われていましたが、若い頃にスポーツをやっていたために、脚の内側を外に向かって、湾曲させるクセがついています。
この方が、上体が安定する為なんですが、このクセの為に一見、X脚気味であっても、О脚同様、膝関節の内側を痛めやすくなります。
検査の結果、私の場合、膝関節そのものではなく、関節内側に繋がる、ガチョウの脚の形に似ている筋「鵞足」の炎症「鵞足炎」であることが分かりましたが、それでも、気を付けないと関節そのものが削られる状態になると言われました。

隠れО脚での両足スクワット

膝をつま先の方向に曲げれば、所謂スクワットも問題ないとされますが、無意識に脚を湾曲させるので、今は両足スクワットに、膝に違和感を覚えます。
そこで、現在行っているスクワットは、片足を一歩前に踏み出す形の、「スプリット・スクワット」にしています。これなら、膝の向きがブレにくいので、膝を痛めにくいようです。やってみて、それでも、膝が痛いという方は、他の要因が考えられるので、速やかに中止し、整形外科等を受診された方が良いでしょう。
あと、私がやるのが、机、柱等に手を付いての、片足スクワットです。暇があって、誰も見ていなければ、片足20回をワンセットに行っています。

加齢とともに、足腰から弱って行くと言いますが

両足スクワットで、返って膝を痛めてしまっては、本末転倒ですね。
中高年…中高年でなくても、自分に合ったトレーニングを見つけ、20回位をワンセットに、一~二日置き位に、脚がパンプアップ(張る位)にやった方が良いですね。

【因みに】

良く知られている、両足で行う、スクワット。プロのアスリートでも、膝を痛めたりして行わないという方は、結構沢山居ます。スクワットは筋トレとして効率は良いのかも知れませんが、スクワット以外でも脚は鍛えられるという事ですね。

さらに因みに

私は、他に、階段は一段飛ばし、つま先寄り(中足と呼ばれる部分)に体重をかけて登ったり、ママチャリで、座ったまま向かい風の中をトップギアで走ったり、同じ要領で登坂走行をしています。立漕ぎは、体重をペダルに伝えやすいだけです。それでも、立漕ぎは、長時間続けていると、それなりに脚に疲れ感は残るのですが、実際には、余り脚の筋肉には効いていません。
大昔の筋トレ「うさぎ跳び」と同じですね。
(立漕ぎは体重以上のパワーが乗らない上に、パワーロスが大きいので、ツールドフランスの選手などは余りやらない)
この記事が面白いと思ったら、ブログ村プロフィールをポチしてください
PVアクセスランキング にほんブログ村
子育てヒロシのオフィシャルブログ - にほんブログ村


【江戸川サイクリング】トビ(トンビ)を見かけました。 #トビ #トンビ #江戸川 #サイクリング

【江戸川サイクリング】トビ(トンビ)を見かけました。

f:id:kosodatehiroshi:20211024102904p:plain
なかなか、解ってもらえない事でしょう。
いや、まあ、解っていただく必要もないんですけど、天寿を全うしたのは分かっていても、親の死にはいつまでも凹んでしまいます。
葬儀前後と違って、さすがに、涙こそ流さなくなりました。でも、気が付くと、私が幼少期だった頃からの、生前の母の事を思い出していたりします。
な、もんですから、昨日、いつもの江戸川サイクリングへ出掛けました
自称「日本で一番当たる」天気予報で確認すると、江戸川は「北の風七メートル」サイクリングには不適当な風でしたが、出掛けました。
土手に着くと、時々、七メートル以上はあるんじゃないの? と言う程に風が強かったので、無理をせず、危険を感じたら引き返すつもりでした。
でも何だかんだで
強く感じた向かい風も、ランナーズハイに近い状態になったのか、リズムが出来上がって、結局、「三郷」まで行ってしまいます。掛った時間はいつもの倍位ですかね?
帰りは楽でした
サイクリングロードは、北から南にかけて、緩やかな下り坂だし、強い北風も手伝って、まるでヨットのセーリングの様に、余り漕がなくても楽に帰れました。ただ、風が強すぎて、時々横から煽られて倒れそうになります。なので、風に向かって車体を傾けて走行。
それこそ、ヨットのセーリング状態で走っていました。
その途中で、トビ発見
【鳶】
人間社会に一番身近な猛禽類。全世界に棲んでいて、カエル、ヘビ、ネズミ等の小動物を捕食する他、動物の死肉、人間の出した残飯等を食べます。
江の島付近は例外にして、最近は、余り見ませんね。
私の実家辺りでも、昔は、メチャクチャ沢山飛んでいたのに、余り見かけなくなっています。
理由のひとつは、やっぱり、田んぼや畑の減少しょう。
実家辺りでは、休耕田ばかりで、鳶の狙う小動物も少ないのかも知れません。
そんな中、江戸川で鳶を見かけました。
足に何か掴んでいて、カラスと空中戦で奪い合っています。
これが、私の見慣れていた、鳶とカラスのあり方なんですけど、両者は食生活が似通っているので、食べ物を争うそうです。でも、東京辺りでは、本当に珍しくなりました。
…うーん、なんか、余り、気分が乗りません。

www.youtube.com
トンビは「ピー、ヒヨロロロ」と鳴くのですぐわかりますね
この記事が面白いと思ったら、ブログ村プロフィールをポチしてください
PVアクセスランキング にほんブログ村
子育てヒロシのオフィシャルブログ - にほんブログ村


リハビリセンターにて #リハビリ #介護士 #リハビリセンター

リハビリセンターにて

f:id:kosodatehiroshi:20211023155904p:plain
二年余り前、まだ新型コロナなんて、話題にもなって居なかった頃です。実家の母が、地元病院のリハビリ科に入院したので、お見舞いを兼ねて帰省した時の事です。
母は、入院している割に元気でしたので、一安心ではありました。
病室で母と話していると、担当のリハビリのトレーナーさんが、
「子育てさーん、リハビリに行きましょうや」と言いながら入ってこられました。
担当さんは女性で、「まだ、学校出たてなんじゃないか?」と言う程に若く、後で母に聞いた所によると、「学生時代にミス○○に選ばれたらしい」という方でした。
確かに、なかなかの美人。
しかし、介護トレーナーさんって、なんか、中年以降の人生を中々に積み上げた方達。という私の勝手なイメージがあって、少し違和感を覚えたものです。

リハビリルーム

「ご一緒に行かれますか?」
と誘われたので、一緒にリハビリルームに向かうと、母のようなご高齢の方たちが、何人もリハビリを行っています。
トレーナーさん達も、やっぱり中年層が多い。
傍らのベンチに腰掛けて観ていると、母等は、真面目な性格なので、トレーナーさんに促されると、一生懸命にトレーニングに向き合うのですが、中には、
「○○さん、やってみましょうや」
と言わても、頑なにやろうとしない人も結構多く。
もっと凄い人になると、
「○○さん、そー言わんと、やってみましょうや」
そがんそんなに言うんなら、お前がやれ!」
と毒づく人も居ました。

あー、そう言う事か

なんか、合点の行く思いでした。
私の母の様に、大人しいというか、真面目な高齢者は、聞き分けが良いので、
「子育てのおばあちゃんは、やおい柔いけん、○○先生お願いします」
的に、経験値の少ない若手に回されたのだろう。と勝手ながら想像致しました。

介護士

私も、介護士をやっているパパ友やママ友に「介護士を目指してみない」と、しきりと誘われた時期があります。
関心がない訳ではありません。
しかし、横暴で高圧的なお年よりも結構いるらしいです。
例えば、時間外に呼びつける等したり、訪問すると「なんで、直ぐ来ない」と恫喝されたりする事も多いと聞くと、喧嘩になって殴ってしまうかも知れない。
パパ友の一人などは、介護しているおばあちゃんに、「あんた、気持ち悪い」と斜な目線で言われたとかで、大変傷ついていました。
そんなこんなで、人間相手の仕事だし、躊躇してしまいました。

余談

母は、入院中の一頃。東広島の病院に転院していた事があるそうですが、そこに、あのミス○○に選らばれた、美人トレーナーさんが、わざわざ訪ねて来てくれたことがあったそうです。
この記事が面白いと思ったら、ブログ村プロフィールをポチしてください
PVアクセスランキング にほんブログ村
子育てヒロシのオフィシャルブログ - にほんブログ村


幾つになっても、親に逝かれる事は中々にしんどい #母 #父 #家族

幾つになっても、親に逝かれる事は中々にしんどい

f:id:kosodatehiroshi:20211022152425p:plain

父が亡くなった時

父の場合、二十年前に事故で亡くなりました。
まだ、七十代前半、すこぶる元気だったので、突然死なれて、どうして良いかわからないほどでした。
大泣きしましたし、暫くは、なんか、気が抜けたような感じでした。
なんだかんだ、一年位、引きずっていた様に思います。
今回、九十歳の母の場合。父の時とは違って覚悟する時間もあったし、九十歳なら逝っても不思議でもないんですけど、それでも、やっぱり、心にぽっかり穴が空いたような、虚無感に苛まれています。
それだけ、母の存在って大きいんでしょうかね?
でも、父と母の逝き方が、逆であっても、多分同じような虚無感を覚えたでしょう。
なんか、ちょっとした事で凹みます。
なんか、ぼんやりした感じで、仕事も上の空な感じです。

母の姉弟

元気だったりします。長女の伯母は数年前に亡くなりましたが、二つ上の伯母はまだ元気。
叔父、叔母も元気でなかなか、長生きな家系のようです。

父方の従姉が母に近い年

私の両親の世代だと、兄弟の年齢差にも幅があって、一番上と末っ子が、親子ほど年が離れている事も珍しくありません。
母の通夜と葬儀に来てくれた従姉も、会話の中で「いつまでも、若いねぇ…幾つなんぼになられたん?」と聞くと、八十代でした。
確かに、八十代にしては、元気だし若々しいんですが、私の、おふくろ様と幾つも違わない事に、改めて驚いたりしました。
父方の姉妹も、結構長生きではありましたが、もう、叔母が一人だけになってしまいました。
この記事が面白いと思ったら、ブログ村プロフィールをポチしてください
PVアクセスランキング にほんブログ村
子育てヒロシのオフィシャルブログ - にほんブログ村


母が他界致しました #母 #他界 #家族葬

母が他界致しました

f:id:kosodatehiroshi:20211021144353p:plain
先週の土曜日の夕方。実家の兄から、母が亡くなったという知らせが入りました。
直接の死因は心不全
数年前に、強い背中の痛みを訴え、入院しましたが、心臓の横に動脈瘤が出来ていました。
何年か前に亡くなられた、俳優の阿藤快さんと同じですね。
母は一度手術をしている事と、高齢という事もあって、手術の成功は五分五分という事でした。
「年も年ですから、そんなに動く事もないでしょう」
という事で、母は、
「成り行きに任せます」
として、手術をせず、過ごしていました。
それから、身体が弱り、余り、立ち歩けなくなって、リハビリセンター…というか、まあ、高齢者施設に入院。
リハビリをしながら、病院生活をしている所にコロナ騒動が起きて、とうとう、実家の兄夫婦も面会出来ない状態になっていました。
一時期、ガラス越しであれば、面会出来た時期もあったそうですけど、「緊急事態宣言」後は、全く会えない。
母は、手紙で、差し入れ等、欲しい物を書いて寄こしていました。
九十歳の高齢でしたが、頭がシッカリしていたのが救いです。
書籍や週刊誌とか読むのが楽しみで、亡くなる直前も、週刊新潮清水ミチコさんのコラムかなんかを読んでいる所だったそうです。棺の中には、読んでいた、清水ミチコさんのページを開かれて、入れられていました。

半年前

実家の兄から「この二、三日が危ないらしい」と連絡があり、それなりに覚悟していたのですが、あれから半年、筋力は弱ったものの、母はそれなりに元気に過ごしていました。
それが、急に容体が悪くなり、短い時間で逝ってしまいます。
病院から、連絡を受けた兄夫婦が駆け付けた時はすでに亡くなっていて、最後の言葉は、
「家族に会いたい」
だったそうです。
コロナで仕方の無い事ではありますが、兄も「寂しい思いをさせてしもうた…」と泣いておりました。もう少しで、ズーム面会か、時間制限付きとはいえ、対面式で面会出来るかもしれない時だったのに残念です。
私も、この二年会えていませんでしたし…また、第六波が来たりしたら、帰れなかったかも知れません。

でも、良いタイミングだった…

って言うのも、変ですが、緊急事態宣言が明け、家族葬が出来るタイミングだったのは、私としては嬉しかったです。
これが、ひと月前だったら、確実に帰省できなかったでしょう。
志村けんさんや、岡江久美子さんが亡くなった時分だったら、通夜も葬儀もなく、母も、いきなりお骨で帰って来ていたでしょう。

家族葬

葬儀は、家族葬でしたが、通夜には親戚も結構来ていただき、葬儀の後も、実家の方に、生前の母にお世話になった。として、沢山の方々が、個別に弔問に来られ、お香典まで持ってきて下さったのは、息子としても嬉しかったですね。

半年前から覚悟はしていたものの

母の死に顔を目の当たりにすると、やっぱり、泣いてしまいますね。
今も、泣いてますけど…
PVアクセスランキング にほんブログ村
子育てヒロシのオフィシャルブログ - にほんブログ村