怒りの拳をどう下す積りなんだろう #セキュリティー #警備 #マンション #鍵 #集合住宅

怒りの拳をどう下す積りなんだろう

契約を忘れて怒られる警備会社もたまりませんね

一月二十四日夜。関東南部は猛寒波と猛風吹に見舞われました。
我がマンションでも、重石の付いたパイロカラーコーンが吹き飛ばされたり、大型のバイクが横倒しになる等、台風並みの風が吹きました。
そして問題が発生
余りの風の強さに、某留守宅の窓ガラスが激しく揺れたようで、警備会社に向けて警報機が自動発報。当然、警備会社は預かっている鍵で入室。強風による誤作動として、住民宅に警備会社のロゴ入りメモを残して帰ったのですが、後で、これを読んだ住人が「勝手に入るとは何事か!」と大激怒。
「こんな気持ち悪いマンションには住めない! 引っ越す!」
他の住人達に対しても「寺が憎けりゃ、檀家も憎い本来は「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」みたく、すれ違っても睨みつけて来るだけで、挨拶もしなくなりました。
「しかし、鍵を預けた段階で、入室を許す契約は結んでいるはずなんだけど」
と思いましたが、当人は「警備会社を訴える!」と息巻いていたそうです。私は見ていませんが、働き者の理事長さんから聞きました。
契約書の控えはあるはずだし、管理組合事務所にも提出してあるはずなんですけどね。
で、そのお宅と、警備会社との間で、三日ばかり折衝が続いたんですけど、「訴える」と言われて、困った警備会社は、組合に提出してある契約書を使う事になったそうです。
理事長さんが調べて見ると、果たして契約書はありました。
「中古で入居された方だから、ひょっとして、契約書がないのかも知れないと思いましたけどねぇ」
理事長さんは言われましたが、世帯主自筆のサインと印鑑が押された、言い逃れの出来ない契約書が出て来たそうです。
振り上げた怒りの拳をどう下す積りなんだろう
契約書が出てきた以上、訴えても負けは見えてますよね。
「自分は間違えていない」的に息巻いていただけに、引っ込みがつかなくなりそうです。
「気持ち悪いから引っ越す」なんて、言っていたようですが、今度は「恥ずかしいから引っ越す」って事になるやもしれません。
しかし、強盗事件の頻発したこのご時世、誤作動にせよ警備会社が駆けつけてくれた事には、むしろ感謝だと思います。
この記事が面白いと思ったら、ブログ村プロフィールをポチしてください
PVアクセスランキング にほんブログ村
子育てヒロシのオフィシャルブログ - にほんブログ村


岸田首相の長男、公用車で観光 #岸田首相 #秘書 #公用車 #不適切 #TBS #日曜劇場 #政治家 #偏見

岸田首相の長男、公用車で観光

地方政治家の減少が問題化

岸田首相の御長男(首相の秘書)が、公用車で観光したのではないか? と疑われ「不適切な行動」
として、少し叩かれています。
公用車で思い出す事
私の父は、地方ながら長く市会議員を務めていました。
七期、28年務めたのではないでしょうか? 元は、地元に議員が無い事が理由で、周囲に押される形で立候補いたしましたが、当選すると今度は「いま辞められたら困る」的に、立候補を続けざる得なくなりました。
町を代表した議員であるはずなのに、いつのまにか「誰のおかげで議員に成れたと思うとる!」という恩着せがましい、本末転倒な事を言う人が増えていったものです。
「誰のおかげで…」という感覚は、農民親分「武士政権」の長かった、日本的政治感覚が良く現れていると思います。他、「政治家を雇っている」という感覚。
あ、そうそう公用車
長く議員を務めていた父は、立場的に「公用車」を使えましたが、議員を辞めるまで、一度も使ったことがありませんでした。
兼業とはいえ、元は農家。田んぼの水を見に行ったり、畑に行くことも多かったので、公用車が煩わしかったようです。
公用車を私的に使ったという、妙な疑いを掛けられる可能性も煩わしかったようです。
「子育てさん…公用車、使つこうてつかーさいや」
公用車の運転手さんから、再三言われていたらしいです。
「運転手さんの仕事を奪うようで申し訳ないが」
地方議員とは言え、くだらない事で、脚を掬われたくなかったのだと思います。
政治家と言うだけで持たれる偏見
TBS日曜劇場で、手塚治虫先生の名作「ブラック・ジャック」をイメージした医療ドラマが始まりましたが、第一作の冒頭で、脳梗塞か何かで倒れた、架空の副総理の手術を「権力にしがみついている」として拒否しました。そのくせ「ハゲタカ商法」で何人も自殺に追いやった若き投資家は、改心の余地があるとして助けます。
政治家に対する偏見、差別は「SDGs」に反しないんでしょうか?
面倒なので、細かい事は書きませんが
政治家なら、どんなに侮辱しても、どんなに叩いても良い。という風潮が、日本には根強いようで悲しく感じます。ヨーロッパ。特にフランスなどは法律で「政治家をオマージュしなければならない」と決められているんですけどね。大統領の事は「大統領」と呼ばなければなりませんし、現職の政治家を侮辱できません。
新しく(と言っても第三週)始まった「日曜劇場」。冒頭に、政治家と言う理由だけで、見捨てましたので、元政治家の息子としては観る気がなくなりました。
因みに
現在、地方を中心に議員政治家の減少が問題になっているそうです。
無投票当選が頻発。地域によっては立候補者そのものが立たない。
「報酬の低さ」を理由に上げている記事もありましたが、「日本で政治家をやっても、辛いだけ」が一番の理由だと思いますけど。
そもそも報道陣から政治音痴の国
農家代表の国会議員が「TPP」(環太平洋パートナーシップ)問題で、日本の農家に大打撃になるとして、反対したことがありましたが、その時のニュース報道で「次期選挙に勝てないから反対した」と報じたことがあります。農家を代表している政治家が、農家の不利に反対するのは当たり前じゃないか、思いましたけど。
他、当選した大阪市長に対して、新聞社独自勝手のアンケートでは、反対意見もあった。だから民意を反映してない事になる。
とか、投票率の低さから無効選挙ではないか(しかし、歴代市長選挙では一番の投票率だった)等の報道。捏造でおなじみの朝日新聞報道だから仕方ないにしても、マスコミそのものが、公正を欠く政治音痴集団なんだからどうしようもありません。
「公正を欠く」事ではアメリカなんかもそうですが、「そうです、当社は公正を欠いた報道をしています」という、潔さというか、「各社、見方がバラバラなのは当たり前ジャン」的、開き直りがあるぶん、返って清々しいです。(日本の様に、妙に論調が一致しているのもおかしいと思います)
白い猫だろうが、黒い猫だろうが、ネズミを捕る猫良い猫だ
ヨーロッパ各国や、その文化圏でよく使われる言葉です。
ネコの色ばかり気にして、肝心の仕事を等閑なおざりにしている日本型民主主義。野党なんて、大して白くもないのに、「白」に拘っている所がおかしいです。
日本型民主主義
みんなで、あーだこーだ言って、いつまでも物事が進まない。纏まらない日本型民主主義では、政治家も一期、二期程度の任期で目標を成就できません。
だから、私の父の様に、辞めさせてもらえない議員が多くなるのですが、ドラマ世間等では「何か利権があるに違いない」「権力にしがみついている」として、決して良く見てもらえませんね。日本の政治家の権力なんて、大したことないし、しがみつくほどの魅力はないのにね。だから、成り手が減少してるんでしょう。
まあ「公用車」の話から、こんな事まで書くつもりは無かったのですが、もう、ちょっと政治家に理解を示して頂かないと、10年、20年後に政治空洞国家になるかも知れませんね。というお話でした。
この記事が面白いと思ったら、ブログ村プロフィールをポチしてください
PVアクセスランキング にほんブログ村
子育てヒロシのオフィシャルブログ - にほんブログ村


関東一円で頻発する強盗事件 #強盗 #SNS #闇サイト #犯罪 #闇バイト #烏合の衆

関東一円で頻発する強盗事件

強殺は極刑の可能性が高い

東京と、その近郊都市で頻発する強盗事件。
年配層の方が、次々に襲われて暴行を受け、狛江市では殺人にまで至りました。
「闇バイト」で集まった「烏合の衆」による犯罪です。
烏合の衆の犯罪は怖い
急ごしらえの「悪党チーム」だと、制御を掛ける人物が存在しないので、行動に歯止めが効かなくなり、簡単に暴行、殺人にまで至ります。
指示を出す主犯は居ても、本当のリーダーではないので、チームに纏まりがなく狂暴化しやすくなります。
十数年前にも、名古屋で「闇サイト」で知り合った男三人による、強盗殺人事件がありました。
帰宅途中の女性を拉致、金品キャッシュカードを奪った後、頭部を四十回以上もハンマーで殴打して殺害するという、残忍な手口。
四十回以上も殴るという行為が、余りにも異常ですが、こういう所も「烏合の衆」に見られる、集団心理怖ろしさです。
同じワルでも、普段から徒党組んでいる連中であれば、もう少し冷静であると思われます。(こっちが良いと言っているわけではありません。念のため)
烏合の衆犯罪は極刑への近道
周知のごとく「強盗」や「殺人」には時効がありません。
殺害した相手が一人であったとしても、残忍な犯行の場合「死刑」になるケースはあります。
1963年に起きた「吉展ちゃん誘拐殺人事件」でも、犯行の非道さから被疑者は死刑になっています。
特に、「烏合の衆」の犯罪は、計画が雑なので、直ぐ捕まります。
チームにまとまりがないので、緻密な計画があっても遂行は出来ません。
犯行が残忍で、計画が雑。今回の強殺の様に直ぐに捕まります。しかも、待っているのは、極刑もしくは無期懲役無期懲役ならまだよいが、高齢になって出所させられたら、かえって悲惨。
闇サイトのバイトには参加するな
非公式のアルバイトサイトには参加しない事です。
「強盗」や「殺人」ではないはずだったが、本人の意に反して犯罪に参加してしまったという事も結構多い。
「こんなはずではなかった…」
と後悔しないためにも、どんなに生活に困窮しても、「非公式サイト」「闇サイト」のアルバイトには参加しないことですね。
余りにも酷い事件だったので、取り急ぎ、出先から失礼いたしました。
この記事が面白いと思ったら、ブログ村プロフィールをポチしてください
PVアクセスランキング にほんブログ村
子育てヒロシのオフィシャルブログ - にほんブログ村


「どうする家康」本多忠勝 高野聖 #大河ドラマ #家康 #徳川家康 #戦国時代 #本多 #高野聖

「どうする家康」本多忠勝 高野聖


「どうする家康」
とりあえず見ています
大河ドラマ「どうする家康」。受信料を取られているという事もあって、とりあえず見ています。私のようなオッサン世代からすると、信長、秀吉、家康、信玄、等は、焼き直しが多すぎて少しウンザリです。
まあ、若い世代の方が観る分には、新鮮かも知れませんが、それでも、無理に新しい切り口を見つけるより、昔の「大河」をリメイクした方が、よっぽど面白い作品が出来るように思います。ま、個人の意見ですけど。
三河衆の武士がリアル
時代考証歴史学者小和田哲男(現・静岡大学名誉教授)さんがやって居られるので、当然といえば当然ですが、桶狭間前後の三河衆のいで立ちは、実にリアルですね。
ボロボロの甲冑に、蓑や藁を巻いて、まるで「野武士」か「野伏せり」みたい。
強国・今川氏の属国で、税を搾られていた居たこともありますが、「松平郷」と言われる土地だっただけに、松しか生えない、やせた土地という事もあって、本当に貧乏だったようです。
家康より四、五代前に、松平に流れ着いた「高野聖」が、松平氏(当時はまだ松平とは名乗ってなかったかも知れません)の養子になって、近隣の豊かな土地を侵略したのが松平(徳川)の始まりと言えば始まりだったようです。
本多忠勝
桶狭間・大高城の兵糧入れ」が初陣でした。
いつも軽装備出陣。兜だけ被って、衣服は平装で出陣という事も多かったようです。
勇猛で武力・戦術の才があり、天性の戦上手だったのでしょう。軽装で出掛けても、傷一つ追わなかったと言います。
同僚の井伊直正などは、勇猛でしたが、合戦では甲冑の下に鎖帷子を着こむなどの重装備をしながら、いつも怪我をしていたようです。井伊直正は「関ケ原」でも足に大怪我をし、その怪我が元で二年後に亡くなっています。
本多忠勝は「家康に過ぎたるもの」と言われる程の猛将でした。
余談「高野聖
本来は、教義を広めるため、高野山から諸国に使わされる旅の僧の事ですが、室町・戦国の頃になると「高野聖」を名乗る、僧形の無頼漢、浮浪者も多くなりました。彼らは「夜道怪」「宿借」と呼ばれ、宿を貸して女房を寝取られる、とか、強盗に早変わりしてしまうなどの問題が多発していたようです。
同時に、交通事情の悪い昔、旅の僧は、諸国の情報提供者でもありましたので、重宝される一面もあり、夜伽よとぎとして娘をあてがって、外の血を入れるという事も行われていたようです。
家康の先祖も、そうした「高野聖」の一人だったようです。
この記事が面白いと思ったら、ブログ村プロフィールをポチしてください
PVアクセスランキング にほんブログ村
子育てヒロシのオフィシャルブログ - にほんブログ村


底辺の仕事と呼ばれるのは #底辺の仕事 #仕事 #アルバイト #コンビニ #宅配

底辺の仕事と呼ばれるのは


数日前、コンビニで、とある支払を済ませた時の出来事です。
支払額は2550円だったのですが、財布の中には千円札が一枚しかありませんでした。そこで、五千円札と、釣銭の区切りが良くなるように五十円玉もつけて出しました。
返ってきたお釣りは2400円。
「あの、百円足りないけど」というと、向こうは「へっ?」みたいな反応。
五十円を見落としたとしても、2450円のお釣りなので、硬貨は最低五枚はないといけませんね。
どうやら、支払金額2550円に出された五十円をプラス、合計2600円にして、五千円から引いたようです。
まあ、パニクッて勘違いしたのかも知れませんが、問題なのはコンビニ店員の態度。
「…あぁ」みたいな、返事ともいえない言葉を発し、それでもまだ事態が呑み込めてない様子でした。
少しあって、私の言っていることが、やっと呑み込めた様でしたが「すみませんでした」の一言もない。
こんな時は、多少芝居がかっても、謝った方が良いんですけどね。
こういう所が「底辺の仕事」なんて、言われる原因なんでしょう。
以前、「底辺の仕事」と呼ばれる12種について書いた事がありますが、私は、決して「底辺な仕事」とは思いません。
しかし、人材難から、意識の低い「底辺な人」が入り込みやすい環境になっている事は確かなように思います。
昔、宅配のパートをやって居た頃
コンビニ受付の集荷に行った時も、こんな事がありました。
旅行バッグに伝票が直接、ベッタリと貼り付けてある。これは、受け取り側も不愉快でしょうし、剝がれなくなる事もあります。場合によっては弁償請求される事もあるので、絶対にやってはなりません。
専用のスケルトンな伝票入れに入れて、ハンドルの部分に付属の輪ゴムで止めて吊るすのがルールですし、コンビニ側もそれは知っているはずです。
その事を注意すると、店長は「ああ、多分バイトがやったんでしょう」と返してきました。
「バイトがやったじゃなくて、それを教えるのが、店長さんの役目なんだから」
というと、むくれて返事もしませんでした。
要するに、教育する体制も出来ていないんですね。
ウー〇゛ーイーツや、ア〇ゾンの配達を請け負っている、個人契約の委託配達員(※)等も、教育レクチャーを受けずにやっている人たちばかりなので「底辺な対応」が多く「底辺な仕事」と見られているケースが多いように思います。
Мバーガーにて
私個人は、余りハンバーガーは好きではないのですが、倅がここの「チキンナゲット幸せセット」が大好きなので、時々買って帰ることがありました。
倅も、高校を卒業する年齢なので、今では、さすがに「幸せセット」を頼むことはありませんが、代わりに「ポテト・ナゲット」の「大」を買うようになりました。
で、このМバーガーがチョイチョイ注文を間違えます。
「ポテト・ナゲット」の「大」は、ナゲット五個入りの箱が二つと、ポテトのМ、二種類のソースが選べるんですけど、一度は、箱が一つしか入ってなく、しかも五個のはずのナゲットが四個しか入っていませんでした。
文句を言いにゆくにも、時間が経ち過ぎていたので諦めましたけど。
次が、ポテトが入っていない。
カウンター越しに見ていて、ポテトを取らずに袋を閉じて寄こしたので、その場で指摘しました。
他にも、「持ち帰りで」と言っているのに、「こちらでお召し上がりですか?」なんて、間抜けな質問をされるなど、細かい間違いはあるのですが、「俺だけが間違われているのかな」と思っていると、別のお客さんも注文をする際に「また、間違われたら困るから、中の仕事(厨房)が落ち着いてから注文する」と言っておりました。
間違いが多発しているのでしょう。
ある日、チェックシートをカルトンに挟んだ、本部かどこかのお偉いさんが中に立っていて、スタッフの行動にいちいち目を光らせて、ちゃんと注文の品を揃えたか確認していた日があります。
「これで、少しは良くなるのかな」
と思っていましたら、バーベキューソースとマスタードソースを観ている前で間違えやがりました。
私の言い間違いという事もあるので、伝票を確認しましたが、ちゃんとBBQソースになっています。口には出しませんでしたが「もう、ボーと仕事しないでよ」と思ってしまいました。
そんな事が続いてから、なんだかMバーガーには行きたくなくなって、倅には「お金あげるから、自分で買っておいで」という事にしています。
まあ、仕事が底辺なんじゃなくて、働いている人の意識が底辺なんじゃないかな? というお話でした。

(※)宅配も委託会社単位で受けていれば、教育されていて、誤配やトラブル等の対応にもちゃんと対処してくれます。
kosodatehiroshi.hatenablog.com

この記事が面白いと思ったら、ブログ村プロフィールをポチしてください
PVアクセスランキング にほんブログ村
子育てヒロシのオフィシャルブログ - にほんブログ村