4630万円 #阿武町 #山口県 #給付金 #誤送金

4630万円


まるで殺人犯扱い
今、世間を騒がせている、山口県の阿武町役場の起こした、誤送金(給付金)問題。
誤送金と知りながら4630万円全額使った、男性が逮捕されました。
「電子計算機使用詐欺」
急拵えなネーミング感は否めませんが、こういう罪名だそうです。
逮捕と同時に、実名報道
「犯人男性を良く知る」という人物からコメントを取り、小中学生時分の文集の中から、今回の騒動に繋がりそうな、犯人男性の文言を掘り起こし、少年期の写真と現在の写真(出来るだけイカレタ感じの)の対比。
県警に入る護送車の中継が始まり「T容疑者の顔を窺えません(顔を伏せているので)」の実況が流れます。
まるで、連続殺人犯逮捕並みの扱い。
犯罪と認定されたので、実名での報道は仕方ないにしても、小学時代の文集や、容疑者を良く知る人物(ホントはどうだか?)まで引っ張り出して、容疑者の人物像を作り出すマスコミの手法って、個人的には昔から嫌です。
実情は見せしめでしょう
使い込んでしまった、本人も確かに悪いのですが、今回、一番の失敗は、誤送金してしまった町役場でしょう。
「担当者が新人だったから」というのが町役場側の言い分ですけど、上司共々失敗の責任は感じて欲しいと思います。
今回、事が事だけに、似たような誤送金事故が起きない為の「見せしめ」的扱いなんでしょうね。
知床の観光船事故の社長なんて
一種の「殺人教唆」で26人も死なせているのに、まだ、過失事故として扱われています。
こっちの事件のほうが、よっぽど酷いんですけどね。
ラジオで
「阿武町町長が、まるで被害者のようにして出ているのはおかしい」
という、リスナーのメールが紹介されていました。
「お前が一番悪いだろう」
という内容でした。確かに、町長は給付金に関する、最高責任者ではありますが、悪い訳ではないと思いました。政治家相手なら、多少理不尽であっても、なんぼでも攻撃は許される。という、平均的日本人の気質が現れている気もします。
この記事が面白いと思ったら、ブログ村プロフィールをポチしてください
PVアクセスランキング にほんブログ村
子育てヒロシのオフィシャルブログ - にほんブログ村


コロナ事情 アメリカの開き直りの凄まじさ #コロナ #アメリカ #感染者 #経済

コロナ事情 アメリカの開き直りの凄まじさ


忙しさにかまけて、ブログをサボっているうちに、アメリカの株価が急落してしまいました。
日本のマスク風景
日曜日。ある、ワイドなショーで、コロナに対する日本のマスク風景を指して、
「欧米からは、奇異に見える」
的な発言を、男性МCの方がされていました。
何気ない一言でしたが、傍目を気にする日本人らしい発言だと思います。
まあ、コロナ騒動三年目。
確かに、毒性も弱くなって来たし、猛暑の夏を迎えるにあたって、マスクの使用場面も検討する時期に来ているとは思います。
でも、欧米がどうこうだから、という理由ではなく、日本の現状に合わせて、検討すべきでしょうね。
ドル高、円安
現在、経済を立て直したアメリカは暴走に近い好景気で、その物価高を抑える為に利上げを行いました。
投資家たちは、立て直しの遅れている日本の「円」を持っているより、利率の高い「ドル」で持っていた方が良いと考えて、円を売りドル買いが進んでいるようです。
世界に危機が蔓延しない限り「円」は魅力がないようですね。
アメリカのコロナ事情
しかし、経済の立て直しの早かったアメリカも、
コロナの感染者数は8240万人。死亡者数は99万8千人もいます。
日本の感染者数833万人。死亡者数3万36人と比べると凄いですね。
アメリカの人口は約3億2500万人ですから、4人に1人は感染している計算になります。
死亡者に関しては、多分、この記事を書いている時点で100万人を超えていると思います。
アメリカの場合、医療費の高さも一因して、感染しても病院に行かず、我慢する人も多いのかも知れません。それにしても感染と死亡者の数は恐ろしい物があります。
「ゴッドを信じていれば、守られる者は守られるんだ」
仮にエボラ級の疫病が流行っても、人類の絶滅はあり得ない。生き残った者たちで経済を回して行こう的、アメリカ人の開き直りの凄まじさが伺える気がします。「経済が屍を踏み越えて発展している」そんな感じもします。
【因みに】
その他、幾つかの国のコロナ感染者数
カナダ
感染者数384万人。死亡者数4万288人。
イギリス
感染者数2230万人。死亡者数17万7千人。
大韓民国
感染者数1780万人。死亡者数2万3,709人。
ドイツ
感染者数2570万人。死亡者数13万7千人。
やっぱり、人口に対して、欧米の感染率は高いみたいですね。
この記事が面白いと思ったら、ブログ村プロフィールをポチしてください
PVアクセスランキング にほんブログ村
子育てヒロシのオフィシャルブログ - にほんブログ村


困ったさん #高齢者 #団塊の世代 #パワハラ #世代

今日は全国的に雨なので


現場の巡回は、基本ありません。
なので、こそこそと、ブログを更新しています。

困ったさん

マンション我が家ので、給水関係の工事のあった日の事。
エントランスを通りかかると、理事長を交えて、管理人さんと居住者のFさんが何やら揉めていました。
目の合った理事長さんに挨拶だけして、そのまま出かけたんですが、帰ってきて、理事長さんから、「Fさんにも困ったもんです」と聞かされました。
給水工事に関しては、事前に掲示されていましたし、チラシも全戸に投函されていて、周知の工事なんですが、Fさんは「給湯器を使おうとしたらエラーになった」と、クレームを付けてきたそうです。
事前通知では「断水の時間帯は、給湯器等稼働させないで下さい。」とあったのに、Fさんはうっかり使ってしまい、機械の安全装置が働いてエラーになってしまった。
最初は、マニュアルを見ながら、自分で復旧を試みたが出来ない。
どうしようも無くなって「そもそも、給水工事なんてやるから、こんな事になるんだ」的に腹を立てて、給湯器のマニュアルを片手に、管理室にクレームを付けに来たといいます。
現・理事長は大変な働き者なので、立ち会わなくても良いのに、管理人さんと一緒にいたのが、今回は幸い。
「必要な工事だし、事前通達してますよ」的に説得していた横を私が通りかったようでした。
結局、工事の業者さんにFさん宅に行ってもらい、給湯器を復旧したそうですが、復旧作業は二つのボタンを同時に長押しするだけだったそうです。
自分のミスで、給湯器のエラーを出し、復旧できなかったから「工事なんかするからこんなことになる」的なクレーム。

Fさんとは

七十代のおじいちゃんです。
つい何年か前まで、そこそこの企業の重役さんだったという人。
確かに、以前は、黒塗りの大きな車で送り迎えされている所を何度か見たことがあります。
元・重役さんエリートだから、傲慢で横柄なのかといえば、普段は本当に腰の低い方、キチンと挨拶もされる方ではあります。
しかし、時々、非常識と言いますか「なんで、この段になって?」という所で騒ぎ出したりします。以前も、通信系の工事で、やはり事前通知があったにも関わらず、「ネットが使えなくなった」と騒ぎ始めた事があったそうで「私はこの工事に賛成してない」と騒いだそうですし、今回の給水工事でも、捨て台詞の様に「私みたいな苦情を言ってくる方は、これから時間帯として増えると思いますよ」と言ったそうです。
しかし、あれから何日経っても、Fさん以外にクレームを付けて来た御家庭はないと聞きました。
他、「●号室の方と親しいんだが、電話番号を教えてくれ」と、理事長&管理人に言ってきた事もあったそうです。
幾ら親しいからって、個人情報だし、本人に無断で教える訳には行かない。という、昨今の常識が無い。「親しいんなら、直接聞けばよいのに」と理事長さんは言ってました。…ごもっともな事です。あと、マンション敷地内に勝手に植物を植えて「私のだ」と主張されたりしたそうです。勝手に植物を植えてはならないし、行為として「捨てた」と同じなので、権利を主張する事は出来ない。という事も知らない。

私の中で…

好々爺と思っていたFさんの見方が変わってきたのは、確かです。
「全ての七十代はそうだ」という訳ではありませんが、彼らが社会の中心だった二十年位前まで、仕事が解ってない、出来ないのに役職に就ている人は多かった気がします。
ゴルフ、麻雀、飲み会等、所謂「アフター」メンタル・セックスで出世したような輩は確かに居ました。
Fさんも、あの無軌道さを見ていると、そのパターンだったのかな? 思ってしまいます。

まだ、私が、現役の編集マンだった頃。ある、大手出版社の編集長が心を病んで、うつ病になり、一年間の休職の後、とうとう退職してしまった事がありました。
その編集長は「H」さんと言いました。映画「ゴッド・ファーザー」に出て来る、殺し屋「ルカ・ブラジ」の様な強面で、大男でしたが、優しいし豪快で明るい性格。とても「うつ病」になりそうな雰囲気はありませんでした。
当時は、急速に出版物が売れなくなった時代で、Hさんは「兎に角、売り上げを伸ばせ」と、編集人上司「K」に圧を掛けられ、考えうる工夫をこらして、出版不況だった中、売り上げを伸ばしました。しかし、その功績はKだけが持って行きます。
K氏は、命令しただけ。
会社の判断としては「駄々をこねたにせよ、Kが業績を伸ばした事に変りない」という所だったのでしょうけど、これでは、後に、心を病んで辞めて行ったHさんが、浮かばれないではないか、という気持ちでした。

このKという男

編集長のHさんとは対照的に、一見、優男で物腰も柔らかそうだったんですが、「雑誌」の作り方が根本的に解って居ない人でした。たまに、迷惑にも編集作業に参加する事もありましたが、原稿が無くなったと大騒ぎ、部下から下請けにまで「無くなったでは済まんだろ」と怒鳴り散らす。
結局、自分が出し忘れていて机の中にありました…という、オチなんですが、原稿が見つかった時のKの言いぐさが「そんな事、言ってても仕方ないんでぇ…」と、自分をホロ。「迷惑を掛けたんだから、先ずは、ごめんなさいだろ」と皆思っていました。まがりなりにも、編集マンの端くれなのに、校正記号もまともに読み書き出来ない人。(因みに、校正記号の書けない編集マンは最近多いです)
昔は、何もわかって居ない上司が、駄々を捏ねて、下の者が工夫を凝らして仕事を具現化するケースは多かった気がします。
今回、Fさんの騒動を見て、なんだか、思い出してしまいました。
この記事が面白いと思ったら、ブログ村プロフィールをポチしてください
PVアクセスランキング にほんブログ村
子育てヒロシのオフィシャルブログ - にほんブログ村


上島竜兵さん #ダチョウ倶楽部 #上島竜兵 #節電 #家電 #電力不足 #白家電

上島竜兵さん

はじめに
最近。結構仕事が忙しく、このブログも中々更新出来ていませんでした。
「今日は久しぶりに、何か書いてみようかな?」
と思っておりましたら、ラジオでニュース速報。
ダチョウ倶楽部 上島竜兵」さんの訃報が流れました。
「中野区の自宅から救急搬送されましたが、死亡が確認されました」
と報じられた後、「今、悩みを抱えているという方は、相談窓口「いのちの電話」があります」と流れたので、死因こそ具体的には語られませんでしたが「自ら命を絶たれたのか」と想像は働きました。
つい、何日か前、ナイツのラジオ番組に、リーダーの肥後さんと出ておられたのに…なんとも、意外と言いますか、やっぱりショックではあります。
先日も、俳優の「渡辺裕之」さんが、やはり、自ら命を絶たれていますが、コロナ騒動からこっち、自ら命を絶つ芸能人の方が多いですよね。
私たちからは、華やかな世界の方々に見えてしまいますが、色々と悩まれることは多いのでしょう。月並みな事しか言えませんが、ご両人のご冥福をお祈りいたします。

書こうと思っていたのは、コレ
節電対策

コロナで物が流通しなくなって、色んな物が不足。石油なども値段が高騰。灯油も高くなったので、この冬の途中から、我が家も灯油ファンヒーターを止めて、リビングの古いエアコンを新しくし、エアコンの暖房に切り替えました。
「灯油18リットルが500円にでもならない限り、エアコンでの暖房の方が経済的です」
という、量販店のお勧めもありましたけどね。
工事費込みで結構安かったし、「これで多少は省エネ節約に繋がるかも」と思っていましたら、今度は、冷蔵庫。
ワイドショーでは、「古い冷蔵庫は、それだけで電力を消費しますし、ドアの開け閉めで庫内温度が上がり、それを再び下げるのにまた電気を消費します」と言っていました。
で、最新の冷蔵庫は、テレビCМでも良く見るように、スマホと紐づけして操作出来、庫内に設置されているカメラで、食材の在庫も確認出来るという優れモノ。
「消費電力もビックリするほどお安く経済的です」
「ほほう、さすが、白家電王国日本」(※白家電=冷蔵庫、洗濯機、エアコン等、基調色「白」が多い生活家電類のこと)
と感心していましたら、お値段が「42万5千円」。
「これって、一般家庭にとって、経済的なの?」
メーカーや冷蔵庫の容量にもよるでしょうが、元を取るまで、一体何年かかるんでしょうね。
消費電力は、確かに抑えられるかも知れませんが、家計を圧迫しそうです。
まあ、我が家の冷蔵庫。スマホで操作こそ出来ませんが、ほんの数年前に新しく買ったものなので、取敢えず冷蔵庫の買い替えはしなくても大丈夫かな?
この記事が面白いと思ったら、ブログ村プロフィールをポチしてください
PVアクセスランキング にほんブログ村
子育てヒロシのオフィシャルブログ - にほんブログ村


知床遊覧船事故 #知床 #経営理念 #事故 #殺人

知床遊覧船事故


経営理念の欠如が生んだ事故
「死人に口なし」船長に責任を押し付けつつ、でも経営者の自分に責任がある。みたいな、記者会見でした。個人的想像でしかありませんが、実情、経営者による「出航しろ」的「圧」は有ったのでは? と思っております。
地元では「やり手」として有名な社長だそうですが、安全より利益を優先した、悲しい大量殺人事件だったと私は思います。
ホテル・ニュージャパン
かなり昔にはなりますが、赤坂見附で起きた、ホテル火災事故。
出火原因は、宿泊客の寝タバコでしたが、ホテル全体の防災・防火設備が不十分だったために、大勢の死傷者を出した火災事故でした。
後に、設備等は意図的に取り外されていたり、簡略化されていた事が判明します。
当時、ホテルの社長だった横井氏は、ホテル経営の素人。
「相場師」で有名だった彼は、買収によって、このホテルを手に入れていました。
「お客様に快適さと、安心を与えたい」という様な経営理念がなく「利益(数字)」しか追求しないので、お金を産まない、安全設備はコストカットした上の事故でした。
カルロス・ゴーン
元・日産社長のカルロス・ゴーンさんが、現在、お尋ね者として、ドバイかどっかに居ますね。
このゴーンさん。「ミスター、コストカッター」「企業再生マン」として、日産以前から有名でした。大変優秀な方である事は間違いないのですが、やはり「経営理念」の有る方ではない。
兎に角、お金を産まない事に、お金を投じない。
ゴーンさん当時の日産は、主にアメリカで売り上げを伸ばし、数字の上で業績は伸びました。しかし、これも表向きの事。バイヤーに対し「日産を一台売る毎にボーナスを上げる」という形の、販売展開をしていました。
ボーナスが貰えるので、沢山売ってくれるのですが、同時に日産としての持ち出しが多くなります。この方式だと、やがて、頭打ちになって、業績は一気に下降して行きますが、ゴーンさんは日産の企業価値がマックスに近い状態で、ルノーに売却するつもりだったそうです。
ですから、役員による「反乱」が起きた訳ですが、カルロス・ゴーンさんのやっていた経営戦略は、結局の所、お金になりそうな企業を買収。人件費を含む極端なコストカットで、書面上の売り上げを伸ばして、企業価値が上がった所で売りさばく。という。典型的な「ハゲタカ商法」だったようです。
こんな感じで価値の上がった企業を買い取ると、大抵は、その内情はガタガタだったりするそうです。
まあ、本当に経営が上手く行っていれば、売りに出す必要はないわけですからね。
サントリー
現在では一部の株を上場しておりますが、以前は非上場。
「閉鎖的企業」とか「一族だけがお金儲けしている」などの悪口を言われていましたが、もし、早い段階で株式上場していたら、株の買収で「安い合成酒(米、麦、葡萄の糖質発酵ではなく、他の糖類を簡易に発酵させてアルコールにし、それらを合わせたもの)」を造らされる、安っぽい企業になっていたかもしれません。
サントリーは「寿屋」と言っていた昔も、京都の「山崎」醸造所に麦を運び込むだけで、十年も出荷しませんでした。山崎近郊の人々も「荷物を運び込むトラックは見るが、何かを運び出すトラックは見た事が無い」と噂しあいます。
ウイスキーを造るのには、何年もの時間が掛かるからですね。サントリーは、ビール事業に参入する際も、発表から販売まで十一年掛けています。
「良いものを届けたい」
という、経営理念が無ければ出来ない事です。
経営理念上「ハゲタカを呼び込む株上場はしない」とする、有名企業は結構あります。
事実上の一般人同士の相互配達「ウーバーイーツ」
登録さえしておけば、自分の空いた時間のみアルバイト出来る。という画期的仕組みで、売れない若手芸人さん等、ウーバー配達員をやっている方は多いです。
仕組みとしては、大変面白いのですが、配達員がレクチャーを受けていないので、トラブルも多い。
一番多いトラブルは、よくニュースにもなる交通トラブル。
道路の逆走が一番多いし、二段階的右折をしないで、いきなりインを取って右折するので、対抗自転車が危険。横断歩道でも、信号無視して平気で歩行者の群れに走り込んで来る。こんなウーバー自転車は、本当に多いですし、エントランスにオートロックのあるマンションなのに、インタホンを通さず、誰か居住者の後に着いて入館して、いきなり配達先の玄関に現れたりする。マナーを守らない配達員は沢山います。
安全やお客の安心を考えると、お金を産まないが「レクチャーが必要」になります。
「ただ、配達すればよい」という形になっていますね。
都市部のAmazon直接配達
「置き配」を依頼していないのに、勝手に置き配してゆくし、在宅でも面倒なので宅配ロッカーに入れて行ったりします。
我が家は、宅配ロッカーがありますので、別に宅配ロッカーでも構わないんですが、勝手に玄関先に「置き配」された時は嫌でした。
いくら、オートロックでも、いや、オートロックが故に、誰かに荷物を持って行かれたら、マンション内の人間を疑いがちになるでしょうしね。
我が家は、ネット注文で特に急ぐ物はないんですが、半ば無理やりにお急ぎの「プライム会員」に入会させておいて、在宅時の「置き配」「ロッカー配」は、なかろうに…とも思います。
あと、良く耳にするのが、誤配の多さ。幸い我が家で、Amazon配達による誤配は、今の所ないんですが、誤配された方が、連絡しようにもなかなか連絡先が掴めない。
とか
配達員が分かっても「どこに、誤配したのか分からない」という返事が来る事が多いそうです。
これが、国内の配達業者だと、私にも経験ありますが、配達ルートが分かるので、どこで誤配したかも、かなり正確に特定できます。しかも、誤配を受けたお宅も、直ぐに営業所に連絡出来る仕組みになっているので、日本式の方が誠実なシステムだと思います。
Amazonの「急ぎ便」は、配達員にとってはかなりストレスで、かつて、ヤマトが担っていた頃は、配達個数と再配達が多すぎ、大勢のドライバーが辞めて行った事も事実です。テレビ等のニュースでも取り上げられました。
なんか思いつくまま
書いてしまいましたが、やっぱり、企業にはい安心と安全を含む、経営理念を持って欲しいと思います。
この記事が面白いと思ったら、ブログ村プロフィールをポチしてください
PVアクセスランキング にほんブログ村
子育てヒロシのオフィシャルブログ - にほんブログ村